スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エントリーチャンスになるか 

外電の計算で行けばサヤ縮小になり縮小幅が大きければエントリーしていきたい(クラックロング)、あくまでも6000円台でエントリーとする。
私事の話しなのですが、仕事が投資関係のせいか 私、投資が大好きで大好きで仕方ありません。38才ですが投資歴は12年になります。しがないサラリーマンの為、出きることと言えば単位株が50万円ぐらいものなのですが、株でもサヤ取りで運用することが多いのです。株でサヤ取りは難しいんじゃないのとよく言われますが 300日ぐらいの長期で相関係数が0.75以上であれば可能ですから、株しかしてなくて忙しいと言う方は是非勉強してみて下さい。

またまた原油乱高下 

本当に どちっに行くんやと言う感じが続いておりますが、私の推奨は変わらずサヤが6000円台からのクラックロング エントリーです。
投資家の皆様は、それぞれ自分自身の指標をお持ちだとおもいます。 例えばテクニカル的なもの、ファンダメンタルズ的なもの、研ぎ澄まされた感なども重要な要素になるでしょう。サヤも例外ではなく自分自身で指標構築は必ず必要なことですので、作り上げ検証してからのエントリーを心掛けて頂ければと思います。

クラック再拡大か 

昨日でクラックショートは一旦手仕舞いし、本日拡大するようであれば様子見、6000円台に縮小するのであればクラックロングをエントリーしていきたいですね。
クラックスプレッドの基礎知識として押さえていただきたい事として1つ申し上げておきます。 クラックにおいてサヤが意味する所は、コストと利潤の幅なのです。ですからサヤが拡大すれば石油元売り各社にとってみれば歓迎すべき状況で、逆に縮小すればコストを圧迫するので回避したい状況になってしまうのです。よって優位性を考えるのであれば圧倒的にクラックロングが有利であることはまちがいないと考えられます。



原油乱高下  

ご存知の方には申し訳ないのですが、クラックスプレッドは片張りの性格を持っているサヤ取りであるのです。
クラックロング、クラックショートと呼ばれるように買い売りで表現されることが多く、製品(ガソリンー灯油)を買うのがロング、売るのがショートで原油上昇局面ではロング、下落局面ではショートが優位とされます。
これを 踏まえて今後クラックスプレッドを見ていってください。
ところで、私が推奨のクラックショートは 本日決済可能性大になりそうです。

原油暴落につき 

本日はクラックサヤはストップ安予想で動きがとれないでしょう。
片張り派にとっては良くも悪くも気がかりな1日になりそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。