スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメーバブログに引越ししました。 

都合によりアメブロに引越しいたしました。
今後とも御ひいきによろしくお願い致します。

http://ameblo.jp/saya-mambo/
スポンサーサイト

100ドル割れ必至 

クラックロング(東京ガソリン買いー東京原油売り)は順調に拡大を続けている。現在先限で9000円台で、私が欲をかいたせいでエントリーを考えていたポイント6000円台からは大きく遠のいてしまった。残念だが縮小した所をあくまでも狙って行く事とする。ところで、何もかも下落の毎日ですね。今回の景気不振はご存知の通りサブプライム問題に端を発している訳ですから、日本のバブル同様問題は、はっきりしています。地価の下落が問題であって 歯止めがかからない限りは、不安は拭い去れないのです。ですので、目先の上昇を狙うよりも中長期の買い場を探す努力をして行く事が肝要かとかんがえます。

ぜーんぶ 暴落 

サヤ取りはやっぱりこういう荒波には強いですね。投資にとって重要な要素の1つとして上げられるのが、投資マインドのコントロールです。損がでたり、逆に行ったりすると誰しも落ち込んだり、やる気がなくなったりするものですし それで当たり前だとも思います。がしかし多数の方々が、そんな風になる場面は後々考えるとチャンスだったなぁ と言うことはよくある事なのです。
なので 今日のような日は、まず深呼吸をして(絶対慌てないぞ)と心の中でつぶやいて相場に望んでみて下さい。活路が見つかると思いますよ。

OPEC総会前で 

原油価格が100ドルを割るようであればOPECは減産の意向を示しております。しかし、OPEC加盟国にとっては減産イコール原油収入減に繋がるとも考えれますので、両手を挙げての賛成には成り得ないはずです。この1年のOPEC加盟国の原油収入は200兆円だったのですが、これは全世界の金融資産1.5京円に対して1パーセント以上にもなり、巨額な資金がたった1年で中東にシフトしたことになるのです。この巨額な資金がアメリカ、ヨーロッパへ再投資されれば景気浮上に繋がるんですがそれも加速していない。今の原油市場をコントロールする事は、誰にも出来ないのかもしれませんね。

順当にクラック拡大 

クラックスプレッド(原油2月限ーガソリン3月限)8970円に拡大してきております。6000円台のエントリーを推奨していますのですが、来ないじゃんと言っておられませんか?ハイそのとうりかもしれませんね。がしかし、あくまでも6000円台エントリーは変えません。 やはり原油ー灯油サヤを見れば15830円ですので、ガソリンー原油サヤは拡大でいいのですが、私は欲張りな方なので、逆行(縮小)した所を狙いにいきます。

 

 

エントリーチャンスになるか 

外電の計算で行けばサヤ縮小になり縮小幅が大きければエントリーしていきたい(クラックロング)、あくまでも6000円台でエントリーとする。
私事の話しなのですが、仕事が投資関係のせいか 私、投資が大好きで大好きで仕方ありません。38才ですが投資歴は12年になります。しがないサラリーマンの為、出きることと言えば単位株が50万円ぐらいものなのですが、株でもサヤ取りで運用することが多いのです。株でサヤ取りは難しいんじゃないのとよく言われますが 300日ぐらいの長期で相関係数が0.75以上であれば可能ですから、株しかしてなくて忙しいと言う方は是非勉強してみて下さい。

またまた原油乱高下 

本当に どちっに行くんやと言う感じが続いておりますが、私の推奨は変わらずサヤが6000円台からのクラックロング エントリーです。
投資家の皆様は、それぞれ自分自身の指標をお持ちだとおもいます。 例えばテクニカル的なもの、ファンダメンタルズ的なもの、研ぎ澄まされた感なども重要な要素になるでしょう。サヤも例外ではなく自分自身で指標構築は必ず必要なことですので、作り上げ検証してからのエントリーを心掛けて頂ければと思います。

クラック再拡大か 

昨日でクラックショートは一旦手仕舞いし、本日拡大するようであれば様子見、6000円台に縮小するのであればクラックロングをエントリーしていきたいですね。
クラックスプレッドの基礎知識として押さえていただきたい事として1つ申し上げておきます。 クラックにおいてサヤが意味する所は、コストと利潤の幅なのです。ですからサヤが拡大すれば石油元売り各社にとってみれば歓迎すべき状況で、逆に縮小すればコストを圧迫するので回避したい状況になってしまうのです。よって優位性を考えるのであれば圧倒的にクラックロングが有利であることはまちがいないと考えられます。



原油乱高下  

ご存知の方には申し訳ないのですが、クラックスプレッドは片張りの性格を持っているサヤ取りであるのです。
クラックロング、クラックショートと呼ばれるように買い売りで表現されることが多く、製品(ガソリンー灯油)を買うのがロング、売るのがショートで原油上昇局面ではロング、下落局面ではショートが優位とされます。
これを 踏まえて今後クラックスプレッドを見ていってください。
ところで、私が推奨のクラックショートは 本日決済可能性大になりそうです。

原油暴落につき 

本日はクラックサヤはストップ安予想で動きがとれないでしょう。
片張り派にとっては良くも悪くも気がかりな1日になりそうです。

はじめまして、さやマンボこと國谷です。 

最近の商品市場は、ボラティリティが高く片張りは怖いなぁーとお思いの方は、
是非見ていただければと思います。
鞘取りと言えば、もちろん穀物です。 穀物の話を期待していただいている方には申し訳ございませんが、私、ちょこちょこエネルギー鞘取りセミナーの講師などさせて頂いている関係上、クラックスプレッドを中心に書いていきますのであしからず。

もしも、穀物の鞘の事が聞きたいと言われるのであれば、是非是非メールを頂ければ時間の許す限り丁寧にお返事したいと思います。

早速ですが、現在の私の推奨は短期的には東京ガソリン売り東京原油買いを推奨したいと思います。

8/29(金)クラック鞘が8070円まで急激に開いた結果、ボラが非常に高っているので下のボリンジャーをかけた鞘チャート見ていただければ一目瞭然で、短期的なサヤ修正があると思われます。 
 
サヤガソ-原油

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。